新しく誕生した植物の1種|炭酸水で健康をキープ|長生きしたい方必見

炭酸水で健康をキープ|長生きしたい方必見

レディ

新しく誕生した植物の1種

果物

交配によって誕生した植物

新しい食品や植物に対する研究が次々と進められる様になっています。その中で近年、食用製品の原料として使われる様になっている植物の1つに、ボイセンベリーと呼ばれるものが挙げられます。ボイセンベリーとは20世紀初頭にアメリカで生産が始まったとされるベリーの1種です。ローガン・ラズ・ブラックという各ベリーの交配種とされており、それで出来た多年性植物の実が、原料として使われる部分となっています。一般的には痛みやすい実を潰してジュースやジャムとして活用するケースが多いとされる他、シリアル製品やクッキー等の着色や風味付けに使われる事もあります。こうしたボイセンベリーには、甘酸っぱい味わいの他、様々な栄養素が含まれる事から、手軽に栄養補給ができる健康食品の材料としての需要が高まっているとされています。

含まれる有効な栄養素

ボイセンベリーに含まれる栄養素にはビタミンA・Cや葉酸の他、鉄や亜鉛・カルシウムといったミネラル、更に各種ポリフェノールが挙げられます。ポリフェノールの代表例としては、視力の回復に有効な事が知られるアントシアニンや、美白効果があるとされるエラグ酸が含まれています。特にボイセンベリーの有効性を高めているエラグ酸は、他の物体などに含まれるタイプと異なり、吸収されやすい構造のままで保たれているとされます。したがって摂取による美白効率の高さが期待されています。またボイセンベリーの実は、収穫から1日程度の間で早くも痛みが始まると言われています。そのため製品で摂取する場合には、生産地で加工された100パーセントジュースやジャム、ゼリーなどを選ぶと良いとされます。